Domestic Conference
  • 安福正, 石田光一, 高宮真, 桜井貴康, 竹内健, “三次元SSDの低電力化技術とSSD 向けプログラム電圧(20V)生成回路”, 電子情報通信学会 集積回路研究会, 信学技報, vol. 109, no. 2, ICD2009-10, pp. 47-52, 2009年4月(招待講演).

  • 畑中輝義, 酒井滋樹, 高橋光恵, 堀内健史, 竹内健, “Ferroelectric(Fe)-NANDフラッシュメモリにおけるプログラムディスターブ特性”, 応用物理学関係連合講演会, 2009年3月.

  • 安福正, 石田光一, 高宮真, 桜井貴康, 竹内健, “NAND型フラッシュSSD向け20Vブーストコンバータの制御方式(その2)(A Control Method of 20V Boost Converter for NAND Flash SSD)”, 電子情報通信学会総合大会, C-12-21, 2009年3月.

  • 石田光一, 安福正, 高宮真, 桜井貴康, 竹内健, “NAND型フラッシュSSD向け20Vブーストコンバータの制御方式(その1)(A Control Method of 20V Boost Converter for NAND Flash SSD)”, 電子情報通信学会総合大会, C-12-20, 2009年3月.

  • 竹内健, “不揮発性機能デバイスと新アプリケーション”, 新機能素子研究開発協会 新機能トランジスタ調査委員会, 2009年2月18日. (招待講演)

  • 竹内健, “低消費電力フラッシュメモリ技術:3次元積層SSD(Solid-State Drive)システムとFerroelectric(Fe)-NANDフラッシュメモリ”, Material Stage, pp.28-31 , 2009年2月号.

  • 竹内健, “使い手のためのSSDのすべて”, 日経エレクトロニクス メモリ・システム・シンポジウム・モバイル新時代に向けたメモリ技術総覧, 2008年12月9日. (招待講演)

  • 竹内健, “VLSI回路設計手法とMEMSモデリング”, 第7回ファインMEMSシステム化設計プラットフォーム検討委員会, 2008年12月3日(招待講演)

  • 竹内健, “VLSI回路設計手法とMEMSモデリング”, 電気等価回路から考えるMEMS設計手法研究会, 2008年11月. (招待講演)

  • 竹内健, “HDDの代替を目指すフラッシュメモリの現状と課題”, Electronic Journal 第192回 Technical Symposium・フラッシュメモリ/SSD徹底検証, , pp.-, 2008年11月26日. (基調講演・招待講演)

  • 竹内健, “SSDがもたらすメモリシステムの革新とPost NANDフラッシュメモリの技術動向”, JEITAナノエレクトロニクス技術分科会, 2008年11月12日. (招待講演)

  • 竹内健, “フラッシュメモリの最新技術動向 – SSDへの応用”, 情報処理, vol.49, no.9, pp.1090-1098, 2008.

  • 竹内健, “SSD動向とNANDフラッシュメモリ”, 電子情報通信学会 集積回路研究会, 信学技報, vol. 108, no. 6, ICD2008-6, pp. 31-36, 2008年4月. (招待講演)

  • 石田光一, 安福正, 高宮真, 竹内健, 桜井貴康, “オンチップ昇圧向けブーストコンバータにおけるMOSダイオード損失の検討(An Investigation on Diode Loss in On-chip Boost Converter)”, 電子情報通信学会総合大会, C-12-33, 2008年3月.

  • 安福正, 石田光一, 高宮真, 竹内健, 桜井貴康, “オンチップ昇圧向けブーストコンバータにおけるインダクタの寄生抵抗の影響(Influence of Parasitic Resistance of Inductors in Boost Converters)”, 電子情報通信学会総合大会, C-12-32, 2008年3月.

1 15
HOME PUBLICATIONS Domestic Conference